トップへ戻る

  イボ治療は早期に

 

  治療法

液体窒素

マイナス196℃にも達する超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、ウイルスに冒されている患部を急激に冷やす(低温やけど)ことで皮ふ表面の異常組織を壊死させます。

 

すると、壊死した異常組織の下の皮ふが細胞分裂をはじめるため、新たな皮ふが再生してきます。
このように、凍結と融解を繰り返すことで基底細胞(表皮の一番奥にある層)に感染しているウイルス(つまりイボ≠フ芯)を徐々に上へ押し上げイボ≠フ原因を絶つことから「凍結療法」とも呼ばれています。

 

通常、1度では完全に取りきれないため、1週間から2週間に1度くらいの間隔で、液体窒素療法を繰り返します。痛みを伴う場合があります。

 

 

炭酸ガスレーザー

CO2ガスレーザー(炭酸ガスレーザー)治療。
炭酸ガスレーザーは水分を含むものに吸収される性質をもち、皮膚には水分が多く含まれるため、照射すると一瞬にして熱エネルギーに転換して組織を蒸散させることが可能です。短時間に高エネルギーをピンポイントで照射することができるため、治療時間が短く、皮膚組織の損傷を最小限にします。また、レーザーを照射した周辺の血管は熱凝固作用で瞬時に固まるため、メスで切除するよりも出血が少ないのが特長です。
保険適用外で美容皮膚科で行う治療です。

 

 

ハサミで除去

ハサミで除去する治療法は痛みを伴う場合があり、出血や跡が残る場合があります。
ウィルス性ではない老人性イボ(スキンタッグやアクロコルドン)を除去をする時に使われます。

内服液

古くからイボに効果がある漢方薬で、はと麦の成分が入った漢方薬のヨクイニンを処方する病院もあり継続すると効果がでてくると言われています。

 

イボ化粧品

老人性イボと呼ばれるイボは病院に通わず家で毎日使う事によりイボを治療、予防する事ができます。
痛みや、傷跡も残りません。
イボに効果がある美容成分入りの化粧品がほとんどで、小さいものでは「イボが取れた」と大変好評です。

 

 

  保険・治療費

液体窒素

保険適用
ひとつ700円程度

炭酸ガスレーザー

保険適用外
料金:大きさにより値段が変わります。
病院によって料金の設定が違いますが、1個の大きさで料金が決められている所もあれば、
選択範囲内で数に関係なく料金を決めている所もあります。
一般的には1個10,000円(5o以内)〜50,000円(30o前後)の料金設定が多く数が増えるにつれ追加で料金が掛かります。
他、手術前には局所麻酔又はテープ麻酔を施しますので麻酔の費用も掛かってきます。

ハサミで除去

保険適用
ひとつ500円程度

イボ化粧品

保険適用外
5,000円前後

 

イボは除去をしてもまた再発する可能性があります。痛みを伴う場合があり常日頃の予防が大切です。

  注目記事