トップへ戻る

  イボを取りたい!

顔や体にできるイボ。

 

見た目の悪さから「取ってしまたい」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

 

ウィルス性があるイボは、人に感染してしまう恐れがある為、すぐにでも治療をする事をおすすめします。

 

ウィルス性がなく加齢が原因でできる老人性イボで悩んでいる人も、ポツポツを綺麗に取ってしまいたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

 

イボの種類やイボを作らない為の普段の対策とは?

  イボを除去する治療法と原因

イボはウィルス感染が原因でできるものと、ウィルス感染ではなく別の原因でできるものに分けられます.。ウィルス性のイボは人から人へ感染する皮膚病で、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で発症します。顔・首・指・足・脇・背中など、体の様々な部位にイボは発症します。ウィルスに感染しているイボを放っておくと伝染し、自分の体の部位に広がったり、周りの人に移してしまう恐れがある為、早めの治療をおすすめします。...

  治療法液体窒素マイナス196℃にも達する超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、ウイルスに冒されている患部を急激に冷やす(低温やけど)ことで皮ふ表面の異常組織を壊死させます。すると、壊死した異常組織の下の皮ふが細胞分裂をはじめるため、新たな皮ふが再生してきます。このように、凍結と融解を繰り返すことで基底細胞(表皮の一番奥にある層)に感染しているウイルス(つまりイボ≠フ芯)を徐々に上へ押し上げイ...

市販薬には貼るタイプや塗るタイプ、内服するタイプなど数多くの種類があります。貼るタイプと塗るタイプで有名なのが、イボコロリやスピール膏などです。 サリチル酸を含み厚くなった皮膚の角質を柔らかくする剥皮作用があります。液体タイプで患部に塗るものと、絆創膏タイプで貼るだけのもの、イボコロリでは内服錠もあります。内服するタイプでは、漢方薬の「ヨクイニン」という薬が知られています。ヨクイニンとはハトムギの...

イボの一種で「アクロコルドン」と呼ばれるイボがあります。主に首周りに多く、ポツポツとした小さな粒で皮膚から飛び出たようなイボ。手で首を触った時、小さな突起物のような、何か手にザラザラとした感じがありませんか?30代を過ぎた頃から増え始めると言われ、色が付いていない白っぽいイボや茶色く色が付いたイボがあり、色の付いたイボは見た目がシミのように見えて肌が汚く見えてしまいます。中高年に多く、加齢と共に古...

  注目記事