トップへ戻る

ウィルス性・非ウィルス性のいぼ(イボ)。ウィルス性イボの特徴は?

ウィルス性・非ウィルス性のいぼ(イボ)。ウィルス性イボの特徴は?

  イボができる原因

イボはウィルス性と非ウィルス性の2つに分けられます。

 

顔・首・指・足・脇・背中など、何らかの原因によりイボは体の様々な部位にできてしまいます。

 

ウィルス性のイボを放っておくと感染の原因になる為、早めの治療をおすすめします。


それぞれの部位にイボができてしまう原因とは一体何でしょうか?

 

  首・脇・背中にできるイボ

首・脇・胸元・背中にできるイボは、ほぼウィルス性がないイボです。

 

首に多くできるイボの原因は、毎日浴びる紫外線やネックレスの摩擦、加齢が原因と考えられているアクロコルドンやスキンタッグと呼ばれます。

 

車を運転する人は特に右側の首まわりや、デコルテにイボが多く集中しているのではないでしょうか?

 

また、脇の下や背中に多くできるイボの原因は首と同様、皮膚が柔らかい部位に多く見られ、衣服の摩擦や下着の締め付けにより生じます。

 

加齢とはいっても、イボの出現は30代くらいからが多く、体質によっては10代や20代の肌でも現れます。

 

ウィルス性のイボではないので、早急な治療を必要とするものではありませんが、放っておくと段々と硬くなり、色も濃くなります。

 

見た目も悪いので増える前に対処をしたほうが良いと思います。

 

  顔にできるイボ

顔に発生しやすいイボは、青年性扁平疣贅と老人性疣贅の2種類。

 

ウィルス性のものなので感染を防ぐためには、早めに治療をした方が良いです。

 

一方、老人性疣贅の場合は感染する心配はありません。ウィルス性か非ウィル性かは自己判断ではなく、病院で診断された方が良いでしょう。

 

 

  手・指にできるイボ

人と接触することの多い手や指にできるイボは、多くがウィルス感染によるものです。

 

このうち、子どもによく見られるのが水イボ。放っておくと、手足から全身に広がったり、人に感染してしまうので、早めに皮膚科へ行き治療をした方がいいです。

 

大人に多いのは、尋常性疣贅です。ウィルス性である為、人との接触やタオルの共有などに気をつける必要があります。

 

 

  足裏にできるイボ

足裏のイボは、大半が足底疣贅です。

 

自己判断でうっかり削ってしまったら、ウィルスを拡散させてしまうことになるので早めの治療をおすすめします。

 

手足や顔にできた水イボからの感染が足裏にも及ぶことがあります。

  注目記事

スポンサーリンク

関連ページ

イボの種類と特徴を知ろう
ウィルス性イボと非ウィルス性の良性のイボ。体にできるイボの特徴と名称を知って、早めの皮膚科での治療をおすすめします。
皮膚科のイボ治療と自宅でのイボ予防
皮膚科のイボ治療にはレーザー治療と液体窒素治療があります。痛みを伴う為、ウィルス性のないイボであれば自宅でイボを除去、予防する事ができます。イボコロリ、はと麦、ヨクイニン、イボ化粧品の効果も期待できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ イボ化粧品 イボの種類 イボができる原因 イボ治療 体験レビュー