トップへ戻る

首・まぶた・目の下の白くポツポツした塊を取る方法

首や顔のポツポツしたイボを取る方法があります

  首のポツポツはなぜ増えるの?取る方法は?

首元・胸元・目元に多い丸く盛り上がったシミのような、吹き出物のようなポツポツ。

 

手で首を触った時、小さな突起物のような、何か手にポツポツ(ブツブツ)とした感じがありませんか? このポツポツの正体とは・・・

 

これは古い角質が固まってできてしまったもので角質粒=イボです。

 

比較的女性の悩みが多く、加齢と共に古くなった角質が硬くなり、取る事が難しくなります。

 

10代ですでに悩んでいる人もいて、20代・30代と年齢と共に首イボを取る方法について悩んでいる人が多いのです。

 

放っておくと白く色の付いていないイボに色が付き、シミやホクロのように段々と色が濃くなり、見た目が悪く、首まわりを隠したくなるのではないのでしょうか?

 

首元・胸元・目元・脇の下など皮膚が薄い箇所に多く見られるスキンタッグやアクロコルドン。
スキンタッグはアクロコルドンより少し大きく、盛り上がっているのが特徴です。

 

日常生活でポツポツと増えてしまうイボ。ふと首まわりを触ってみたら、イボ が増えている?なんて事はないでしょうか?

 

ウィルス性の無いスキンタッグやアクロコルドン・老人性イボであれば自宅で治す事もできます。

 

顔や首まわりにシミのようなポツポツとしたイボがあるだけで肌が汚く、年齢よりも老けて見られる事は間違いありません。

 

40代・50代では「イボを取りたい!出来れば病院ではなく自宅で・・」とイボ専用の化粧品やイボを予防する保湿クリームを求める人が大変多く、イボを柔らかくして取る化粧品が売れています。

 

おすすめのイボ化粧品はこちら

 

当サイト(イボの取り方って知ってる?)では、イボにはどんな種類があるのか?

 

イボの特徴によってどんな治療法があるのか?

 

皮膚科でなくても改善できるイボの取り方をご紹介し、話題の化粧品やおすすめのサプリメントをご紹介しております。

 

ハトムギCDRエキスで透明感

 

まずは、多くの女性が悩んでいる首のイボや、胸元のポツポツしたイボ=老人性イボはなぜできるのか?イボができる原因を知り、予防する事が大切です。

 

こんな気になる悩みはないですか?

 

 

 

手にポツポツとあたるものがある

 

胸元の開いた服が着られない

 

ポツポツイボが目立つから恥ずかしい

 

病院での治療は痛そうでお金が掛りそう

 

自宅で治せる方法を知りたい

 

ダメージを受けた肌を元に戻すには時間が掛る為、日ごろの予防が必要なのです。

 

普段使っている化粧品をイボ予防もできるオールインワン化粧品に替えれば、経済的なうえにすべすべの肌が目指せておすすめです。

 

また、イボに効果的と言われている代表的な美容成分、ハトムギやあんずエキスが入った美容オイルもおすすめです。

 

  自宅でも治せる良性の老人性イボとは

 

老人性イボ?と聞くとお年寄をイメージしてしまいますが、30代、40代でもイボの悩みを持った人が多いのです。

 

老人性イボとは老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と呼ばれるイボの種類で、別名「脂漏性角化症」とも呼ばれます。

 

加齢や紫外線が原因で増加すると言われ、顔や首に多く見られますが、体全身の部位にも発生します。

 

ウィルス性は無い為、放っておいても問題はありませんが、加齢と共に新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーの乱れから古い角質が硬くなり、角質粒となってイボが増加していく為、見た目が悪くシミに間違えてしまうようなイボになります。

 

シミは平らですが、イボは盛り上がっているのが特徴ですので、シミかイボの判断はできると思いますが、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)にも大きさによっていくつかの種類に分けられます。

 

アクロコルドン
スキンダック
軟性線維腫
懸垂性繊維腫

 

  アクロコルドン

 

シミと間違えてしまうくらいの盛り上がりが小さいもので、1〜2mm程度の丸い形。薄い茶褐色が特徴です。

 

顔や首や脇の下など皮膚の薄い部位に多発し、衣服やネックレスの摩擦や紫外線が原因でできる言われています。

 

  スキンダック

 

アクロコルドンよりも大きく盛り上がりが成長したもので、触った感触が爪で引っかいて取りたくなるような、飛び出た感じが特徴です。

 

加齢によるターンオーバーの乱れで古く硬くなった角質が滞る事が原因で、予防などをせずにそのまま放置しておくと、茶褐色だったイボが段々と黒くなり、ホクロのように見えてきてしまいます。

 

ネックレスが引っ掛かり痛くなる事もあります。

 

  軟性線維腫・懸垂性繊維腫

 

アクロコルドンが成長し直径約1 cm以上のものを軟性線維腫。
更に大きく成長し皮膚から垂れ下がるようになったものを懸垂性線維腫と呼ばれます。

 

アクロコルドン、スキンダックと同様良性のイボですので、感染することはありません。

 

ウィルス性の無い良性のイボならば、自宅で予防、取る事も可能です。

 

毎日硬くなった角質に塗り込むようにマッサージを繰り返す事で、角質が柔らかくなり、柔らかい部位の首ならば短期間で取ることも可能です。

 

おすすめイボクリームの体験談はこちら

 

イボに効果がある美容成分入りがおすすめです。

 

  皮膚科でのイボ治療とは

 

皮膚科でのイボ治療には液体窒素治療・炭酸ガスレーザー治療・ハサミでの切除の方法があります。
健康保険が適用になる治療と適用外の治療がありますの確認が必要になります。

 

  液体窒素で凍結治療

 

イボ患部に直接マイナス196°の液体窒素を塗布します。

 

大きさや程度にもよりますが、一度の治療では大抵取れない為、数回通院する必要があります。

 

2週間程でかさぶた状態になり剥がれていきますが、跡が残る場合もあり、再発する可能性もあります。

 

また、通院のたびに痛みを伴い、痛みに耐えられない人は局部麻酔を行う所もあります。

 

健康保険は適用内ですので、安価で施術する事が可能です。

 

  炭酸ガスレーザー治療

 

局所麻酔をかけ炭酸ガスレーザーでイボを削ります。

 

痛みはなく、出血もありません。

 

治療時間も短く、痛みも伴わず、跡が残らないのが特徴です。
液体窒素治療よりも再発は少く、一度の治療で済みます。

 

しかし、健康保険適用外の為、治療費は高くなります。

 

  ハサミでの切除

 

ポツポツした突起物を医療用ハサミで切除する治療になります。

 

小さなイボには手っ取り早く簡単に切除する事ができます。

 

聞いただけで「痛っ!」と想像してしまいますが、痛みもなく、出血もありません。

 

ただし、自分で除去するのは絶対にやめましょう。出血の可能性や跡が残る事もありますので、必ず医療機関での施術にしましょう。

 

   内服薬・サプリメント

 

古来から肌荒れやニキビ、イボに効果があると言われる「ヨクイニン」という漢方薬があります。

 

ヨクイニンはハトムギの種皮を取り除いた天然の成熟種子で、生薬の一種です。

 

「イボが取れる」という即効性はなく、根気よく毎日飲み続ける事で新陳代謝を促進させ、肌を内側から綺麗にしていきます。

 

ドラックストアやネットで購入する事が可能です。

 

また、最近注目されているハトムギの全粒を抽出したハトムギCDRエキスチロシナーゼ阻害物質やβ-グルカンを含む「舞茸エキス」をあわせたサプリメントで透明感とつるつるとした肌を目指す事ができます。

 

ハトムギCDRエキスのサプリメント詳しくはこちら

 

毎日ハトムギを煎じたり、舞茸を食べ続ける事は難しいですが、このサプリメントならば手軽に両方のエキスを同時に摂る事が可能です。

 

  イボ化粧品

 

ウィルス性のない老人性イボは自宅でのイボ治療が可能です。

 

「病院には行きたくない!」「痛い思いをしたくない!」という人は、イボ化粧品がおすすめです。

 

イボに効果がある化粧品には「ハトムギ」「ヨクイニン」「あんずエキス」「杏仁オイル」の美容成分は必須です。

 

その他「プラセンタ」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」など美肌を目指す美容成分を含みオールインワンになった化粧品が人気です。

 

イボ除去と、化粧水、乳液、美容液、クリームのスキンケアが同時にできる所がいい所。

 

あれもこれも化粧品を揃えるより経済的で効果があります。

 

アクロコルドンやスキンダックはターンオーバーの乱れで角質が硬くなり固まってできた角質粒。毎日イボクリームを塗り込み角質を柔らかくする事で、イボを取る事ができます。

 

また、乾燥肌は肌を老化させる原因になりますので、保湿成分も含んだおすすめのイボ化粧品をぜひお試しください。

 

初回はかなり安く購入する事ができ、WEB限定で特典もありますのでチェックしてみて下さい。

 

イボが「ポロッと取れた!」ポロポロ取れるのでやめられない」などうれしい口コミが多数あります。

 

おすすめのイボ化粧品はこちら

 

以上、イボ治療の種類をご紹介しましたが、自分に合ったイボ治療をおすすめします。
イボにはウィルス性があるイボもありますので、原因や種類を知っておくのも良いかも知れません。

 

目  次
イボができる原因とは・・
毎日自宅でイボ予防
話題のイボ化粧品とは・・・
肌荒れイボに効果的な美容成分
イボ化粧品40代女性の体験談
話題のユーグレナとは・・・

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ イボ化粧品 イボの種類 イボができる原因 イボ治療 体験レビュー